新型コロナウイルスの影響により、Eurochestriesの開催見送りに伴い、
『Eurochestries Festivals Charente-Maritime in 2020』の募集を中止といたします。
なお、2021年のEurochestries Festivals開催が決定しており、
Amasia International Philharmonicは参加を予定しております。


Eurochestrie 2021 開催予定日程 2021.7.30~8.12

2021年度プログラムに関しましては、内容確定後に情報を掲載いたしますので当法人Webサイトをご参照下さい。

各国から集まる若手奏者との交流し、共に音楽を創る経験を通じて世界を広げませんか?

Eurochestriesは青少年のオーケストラを通じた国際交流を趣旨としMaechel Corneloup氏によって1989年に創設された歴史ある音楽祭で、ブラジル,カナダ,ロシア,フランス各地で開催されています。音楽祭中は、世界各国の演奏家達と共に寝食を共にしながら演奏活動を行います。Amasiaはこの音楽祭に、日本の団体で初めて参加します。いつもと違う環境に身を置き、世界唯一の共通言語である音楽を多国籍のメンバーと共創する経験を通じで、めまぐるしく変化するグローバル時代を生き抜く広い視野、多様性を真に楽しめるマインドセットを養いましょう。
       
音楽祭詳細はこちら

応募をお考えの方へ

応募に関する詳細は以下の募集要項をご覧ください。
国際交流プログラムへの応募はWebで受け付けております。
皆様のご応募、心よりお待ちしております。

募集要項

◆開催期間

2020年7月30日(木)~8月12日(水) ※フライト日程は含まれておりません

◆開催地

フランス・ジョンザック地方

◆参加費

過去プログラム参加者 ¥ 99,000(税別)
新規参加者      ¥100,000(税別)
*含むもの:現地宿泊費Lycee(secondary school)/現地食費/現地移動費(音楽祭参加中のみ)
国内リハーサル費/現地バス/コディネーション費/Amasiaメンバーシップ登録費(過去プログラム参加者は不要)
*含まれないもの:国内宿泊費(必要な者)/国内移動費/楽器保険/海外保険/往復航空券/パスポート更新費用 等
オフィシャル便:
7月29日 TK199 HND22:50-5:20 IST IST6:50-CDG9:30
8月12日 TK1834 CDG17:40-IST22:20, TK198 IST01:45-HND19:25

◆募集人数

募集定員:20名
ヴァイオリン8名(1st 4名-2nd 4名) / ヴィオラ6名 / チェロ4名 / コントラバス2名
*募集人数を上回った場合は選考となる可能性がございます。
*コントラバスとチェロは現地にて貸出可能です。
             

◆対象

2020年時点で18~28歳のオーケストラ経験者

世界を今より少しでも良くしたいと願う公益性に富んだ将来の夢やビジョンを持ち、
自分なりのリーダーシップを強化したいという意思のある方を、広く歓迎します。

※1学歴、演奏技術・音楽性のレベル、語学力は問いません。
(*語学については英語、もしくはフランス語で最低限の日常会話ができることが望ましい)
※2オーケストラ内でコンサートマスター、パートリーダー他、組織内で何らかの役職に従事している者・若くは
従事することになる者を特に歓迎します。但し、ここでいうリーダーシップとは役職に限定しません。役職者でない場合でも、
自分なりのリーダーシップを発揮したいという積極性、挑戦意欲の高い方を広く歓迎します。
※3 フランス入国の際には、パスポート残存有効期限が3ヵ月以上必要になります。必ずご確認ください。

◆リハーサル            

計4日間
6月27日13:00-19:00
6月28日11:00-17:00
7月11日13:00-19:00
7月12日11:00-17:00
*リハーサル会場は東京都内を予定。
*リハーサル、オリエンテーションへの参加が必須です。

◆題材楽曲

未定 (邦楽曲含む3~4曲を予定)
                  *4月末に公開予定。

◆エントリーから参加までの流れ

応募フォームよりエントリー

事務局より詳細のご連絡

リハーサル・オリエンテーション開催

音楽祭参加            

◆受付締切日

2020/5/31(土)

指揮者紹介

木許 裕介
1987年生まれ、東京大学教養学部・東京大学大学院総合文化研究科修了。在学中より指揮活動を開始し、UUU Orchestra指揮者、Worldship Orchstra正指揮者などを務めて、東南アジアを中心に数多くの国際共同公演や音楽祭を成功に導く。2016年からイタリアで研鑽を積み、2018年、ポルトガルで開催されたBMW国際指揮コンクールにて第1位優勝。同コンクールでの日本人の優勝は初となる。同年、出身の大阪府高槻市より「特別功労賞」を受賞。2019年にはモロッコで開かれたカサブランカ国際音楽祭より招聘を受け、オール邦人作曲家プログラムを指揮。2020年にはフランスとポルトガルの音楽祭でも指揮することが決定している。 国内では、Amasia International Philharmonic芸術監督、日本海フェスティヴァルオーケストラ芸術監督、日本ヴィラ=ロボス協会会長、ベガジュニアアンサンブル常任指揮者、福井大学フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者など。指揮活動と並行して、学術と芸術を橋渡しする企画を数多くプロデュースしており、現在、東京芸術劇場「芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー」キャリアアップゼミキュレーター、代官山未来音楽塾副塾頭なども務める。また、慶応義塾大学SFC研究所上席所員として、指揮者の観点から考えるリーダーシップ教育やチーム・ビルディングにおいても講演執筆多数。共著書に『二十歳の君へ』(文藝春秋社)など。

オーケストラで次世代リーダーを

わたしたちは、”オーケストラから次世代リーダーを輩出する”ことをミッションに活動している一般社団法人です。オーケストラの中での音楽づくりのプロセスを通じて培うことのできるリーダーシップ、について考え、実践し、多様な分野で広く活躍する次世代リーダーを育成することを目的としています。
詳しく読む

          よくあるご質問(FAQ)

Q:オフィシャルフライトはありますか?

A:羽田国際空港発のフライトをオフィシャル便として設定しています。

出発時は、空港で集合し全員で渡航予定です。
7月29日 TK199 HND22:50-5:20 IST IST6:50-CDG9:30
8月12日 TK1834 CDG17:40-IST22:20, TK198 IST01:45-HND19:25



Q:フライトの手荷物制限などはありますか?

A:オフィシャル便では、以下の通りです。(2020年3月1日現在)

エコノミークラス 無料預け入れ手荷物【重さ(無料)】23㎏まで
【個数(無料)】2個まで(合計23㎏まで)
【1個あたりのサイズ(無料)】持ち手とキャスターを含めて、3辺(長さ+幅+高さ)の和は158cm以下
【超過料金】手荷物 1~2 個あたり 190 米ドル
詳細は下記公式サイトにて、必ずご確認ください。

預け入れ手荷物について(外部リンク)
預け入れ手荷物超過料金について(外部リンク)



Q:パスポート残存有効期限について

A:パスポートの残存有効期間は3ヵ月以上必要になります。必ずご確認ください。




Q:現地までの移動費について

A:フランスまでの渡航費用は参加費に含まれておりませんので、個人負担となります。




Q:現地での食費・宿泊費・会場までの移動費について

A:音楽祭開催期間中の食費・宿泊費については全て参加費に含まれておりますので、かかりません。

※中1日自由行動がありますがその際の食費・移動費については、個人負担となります。



Q:楽器のレンタルについて

A:チェロ・コントラバスについては現地でのレンタルが可能です。

※上記楽器でご参加の場合は別途ご案内いたします。



Q:演奏曲目について

A:2020年4月末に公開予定です。

※使用楽譜に関しては、曲目公開後ご案内いたします。