イベント

[オンラインイベント]オーケストラで考える、ハーモニーを創る人

~楽器をおいて、オーケストラの話をしよう~

オーケストラで考える、ハーモニーを創る人
音楽づくりを通して見えてくる、これから求められる“協奏する力”


芸術活動の存続が危ぶまれた今、私たちは改めて、人が集い音楽をするという当たり前がいかに貴重な日常であり、経験であったのかを考えさせられました。多くの団体が、これからの在り方について再考しています。こうした変化の中で浮かんでくる「オーケストラは本当に社会に必要なのか?」という問い。

そこで注目したいのが、「オーケストラは人が生み出す芸術」であるということ。
音楽づくりを通じて何を学んでいるのか、考えたことはありますか?
言葉を交わさない対話、それぞれのリーダーシップ、協奏するために様々なことを考えながらハーモニーを創る、とても複雑なことをしているのです。だからこそ、言葉にならない感動が生まれるのではないでしょうか。こうした経験は、必ず、音楽活動以外のシーンでも生かされる力だと思います。変化の時代、予測できない時代を生きていく私たちが「自分自身を知り、相手を知り、協奏し、ハーモニーを織り成す力」はまさに今、そしてこれからますます求められてくるのではないでしょうか。 今回は、Amasiaのミッションでもある”Leadership through Harmony”という言葉をキーワードに「オーケストラと人」についてみなさんと考えたいと思います。

【概要】
■日程
2020年11月29日(日):14:00~15:30

■会場
本セミナーはオンライン開催となります。
お手持ちのPCまたはスマートフォンよりご参加ください。

※開催3日前までにURLをご連絡いたします。

■参加費
500円

■お持ち物
画面共有いたしますので、デスクトップが見える状態でお待ちください。

■お申し込み方法
下記URLよりお申し込みください。

お申し込みURL:https://amasia201129.peatix.com/

■ご注意
※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります
※セミナー内容と講師は予告なく変更になる場合がございます

【登壇者】

飯島 智珠
一般社団法人Amasia International Philharmonic 代表理事

社会起業大学ソーシャルビジネスグランプリ2015年ファイナリスト。 商社勤務を経て組織開発・グローバル人材育成コンサルティング会社において大手企業の経営幹部育成、 選抜グローバル人材育成施策、リーダーシップ開発、海外での人材育成プログラム等、多種多様な人材・ 組織開発プロジェクトの設計や企業人事・人材育成担当者向けのセミナー企画に携わる。 オーケストラではヴァイオリン奏者として活動する傍、2018年12月に一般社団法人Amasia International Philharmonicを設立。

木許 裕介
一般社団法人Amasia International Philharmonic 芸術監督/首席指揮者

20代より東南アジアで数々の国際音楽祭やジョイントコンサートを成功に導いたのち、欧州で研鑽を積む。2018年、BMW国際指揮コンクール(ポルトガル)にて日本人初の第1位優勝。同年、大阪府高槻市「特別功労賞」受賞。現在、日本ヴィラ=ロボス協会会長、一般社団法人エル・システマジャパン客演指揮者などを務める。2019年にはモロッコのカサブランカ国際音楽祭より招聘され、芸術監督としてAmasia International Philharmonicを率いて指揮。以降、欧州各地の音楽祭からも多数招聘されるなど、世界的な活動を展開している。

【モデレーター】

忽那 さゆり
一般社団法人Amasia International Philharmonic理事

愛媛県出身。洗足学園音楽大学卒業。
サクソフォーンを二宮和弘・貝沼拓実両氏に師事。室内楽を池上政人・岩本伸一・二宮和弘・貝沼拓実各氏に師事。
その他に、SaxophoneQuartetto chuchu、音楽実験室『munova(ミュノヴァ)』を主宰。

【問い合わ先】
Amasia 運営事務局
Email:info@amasiaphil.com